徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

本格的な梅雨が来る前に

先日、土砂降りが有りましたが、本格的な梅雨はまだまだな今週の土曜日の朝。

先週の日の出の位置から思い出したのが、この時期は淀川左岸ワンドから菅原城北大橋の後ろに上がる朝日が見れることでした。

ので、行ってきたのですが・・・・

見事な朝焼けで、朝日は駄目でした。

川から川岸への出勤風景

法面をよちよち登る風景がカワ(・∀・)イイ!!

目一杯首を伸ばして、ウマウマ~

美味しいね~

 

人懐っこいさくら猫も健在でした。

少し離れて立ち姿を撮ろうとしても、すぐにこちらに向かってくるので、こんなタイミングでした撮れません。

ボールが気になるようです。ネジネジの尻尾が可愛いです。

なんか睨まれた?

見つめる先には、散歩中の犬がいます。

城北公園には、朝日に輝くシロツメグサ

 

鶴見緑地の乗馬クラブでは、朝の運動中でした。

なんか眠そう

いっちに、いっちに

スズメは馬を気にすることもなく、飛び回っていました。

羽根がぼろぼろになってきているアオサギです。

子育て頑張ったんでしょうね。

大池の向こう側では、ネムノキが満開です。

紫陽花も満開

紅一点

こちらを見ないように、こっそり道路を横断

 

風車の丘の今の花は、マリーゴールドでした。

隣の花壇では、ヒマワリがアップを初めていましたね。

でも、気の早いのは、開きかけです。

バラ園も春のバラがラストスパートでしたね。

スイレン池では、睡蓮がいっぱい

赤と白が別れて咲いている中、白の中に紛れ込んでいる赤も居ました。

シオカラトンボ

他にもコシアキやサナエヤンマ、ギンヤンマ、イトトンボが居ましたが、じっと止まってくれないので、撮れませんでした。

 

先程のネムノキは、中国のパビリオンの有った場所の脇に咲いていましたので、残っている建物と一緒に撮ってみました。

建物自体は残っているので、ちゃんと改修すればいい感じの場所なんですけどね。

今は立入禁止になってます。

たたんだ内側の色がちらっと見えたことと外側が白いので、ウラギンシジミのオスかと思います。内側の色が撮りたかったですね。

こちらは、モンシロチョウ、せっせと花を渡り歩いていました。

セキレイも朝ごはんゲットで、ウキウキ感が出てましたね。

最後は、花博会場跡の北西入口付近で、咲き誇っていたアメリカデイゴです。

この後曇りだしてきたので、帰宅しました。

来週は、雨が続きそうなのですが、週末くらいは、雨のない日になって欲しいですね。

蓮の開花

昨日の時点で、

まだつぼみだったのですが、

今朝の5時前の時点で、ガクが開いていました。

では、5時前くらいから1時間半くらいのタイムラプスです。

 


20170618lotusflower

こんなに綺麗に開きました。

茎が少し倒れていたので、若干後ろからになってしまったのが残念です。

対岸に回って、正面側から撮ったものはこちらです。

ちなみに、昨日の時点でここまで綺麗に咲いていた蓮は、

今朝はここまで広がっていました。

オマケ

コロコロっとした感じから、まだ幼鳥?のムクドリ。人に対する反応が鈍かったですね。

何故かスズメを追いかけるカモ

抜き足差し足で餌探しのアオサギ

いよいよ本格的に梅雨に突入しそうですね。

今週末はどうなりますことやら・・・

まあ、とりあえずサイクリング行きますか

梅雨入り宣言した後に天気に良い日が続くのは知っていましたが、今週の土曜日までいい天気と思っていなかったので、どこかに行く予定していなかったんです。

でも、今週に入ってからの予報では、どうもいい天気に為るようなので、色々行き先考えていたんですが、ピンと来るのがなかったんですよね。

そんなこんなで、日の出前からいい天気だったのに、出遅れてしまいました。

とりあえず淀川遡って、久しぶりに石清水八幡宮の本殿に行ってみましょうか。

豊里大橋袂からの朝日

その時まだ月が、かなりの高度で出ていました。

昼間は、サイクリング、ジョギング、球技などで人が多いのですが、この時間(朝5時)では、野鳥の楽園です。

グラウンドを歩くケリや

雲雀

その後もスズメや野良猫と追いかけっこするような状態で、御幸橋まで鶯の警戒鳴きを聴きながらノンストップです。

石清水八幡宮の頓宮脇を抜けて、結構広範囲に水田が有るので、何か野鳥は居ないかなと寄ってみましたが、サギ類は見かけませんでしたね。

飛んでいるとうるさいケリがミミズ食べてました。

石清水八幡宮のある男山には、京阪八幡市駅と山を挟んで反対側の男山団地側から自動車で登って西参道側にいけるので、当然自転車でもOK

まあ、坂はキツイですけどね。

朝の7時過ぎは、ガラガラです。

本殿は、三の鳥居から南総門に続く参道とは、向きが10度ずれています。

他に、普段は開いていない西総門、東総門、北総門が有りますが、この東総門を出て東参道に出ると

伊勢神宮に向かっての石灯籠が有ります。朝の光を受けて竹林の輝きがきれいでしたね。

社務所の前には、緑豊かな木々の中に赤い紅葉がなかなかいい風景でしたね。

東参道は、頓宮脇の一の鳥居から二の鳥居、三の鳥居を潜ってくる距離の長い表参道をショートカットして、直接一の鳥居と二の鳥居の間に出る裏参道への参道でも有ります。

東参道をケーブルの駅に向かう途中に男山展望台が有り、今の時期は紫陽花、秋は紅葉、冬は雪景色、そして、春は桜と展望台自体楽しめますが、

何と言っても京都市街方向を一望できる景色がいいです。

ここから京都市街の向こうに、鬼門の比叡山を望めます。

左の真ん中あたりに京都タワーが見えるので、平安京の中心を結ぶ直線上では無いようですね。

展望台でしばらく「ぼーっ」と過ごして、西参道側に向かいます。

ちょうど駅にケーブルカーが入っていました。

京阪八幡市駅すぐに下の駅が有るので、一番楽チンに登ってくる方法はこれですね。

西参道を駐車場付近まで戻ってくると。八幡の竹に縁があったエジソンの記念碑が有ります。

また、ボーイスカウト綴喜1団の拠点でも有るので、こんな銅像が有ったりします。

私が居た団はカトリック教会系でしたが、友人には仏教系の団の人も居ましたね。

宗教団体とボーイスカウトが繋がっているのは結構ありそうですね。

そういえば、阿部野神社にも有ったな~

石清水八幡宮から移動する前に参道からもう一枚パチリ

9時過ぎになると参拝の方も増えてきましたね。

で、移動するにもまだ10時前だったので、このまま帰るのも勿体無いし、上津屋橋に寄ってから帰るのも時間余るようだけど・・・と、考えて居たところ、「久しぶりに山崎のサントリーカーブで撮り鉄でもして帰るか」と、木津川、宇治川桂川と跨いで、天王山側に出て、山崎のサントリーカーブに向かいました。

ところが、最近はトレインマークやヘッドマークのない特急や代わり映えしない電車ばかりで、土曜日でも空いているはずなのに、警察まで出てくるほどの人だかりになってました。上空には取材ヘリまで来てる。

もしかして、Twilight瑞風が来るのか?と思って付近の人に訪ねたら、その通りでした。

山崎駅の駅員さんもいつぐらいに通過するのかを案内していましたので、現場での混乱はなかったのですが、私は着いたのが遅かったことも有り、いつものフェンス脇はすでに余地なし状態。

仕方ないので、サントリーの蒸留器のモニュメントの有る花壇から、撮りました。完全に人で埋まっていたら、絶対に撮ることできなかったアングルです。

奥にも見えるように、線路のフェンス沿いには、ひたすら人が並んでいましたね。

最後尾車両に乗車の客さんが、手を振ってくれていました。

線路脇の道路が狭いことも有って、警察車両も複数出て警戒していたこともあるのか、動画サイトに上がっているような、怒号は飛んでいませんでしたね。

まあ、通過駅から駅撮りの場合はどうだったか知りませんけど・・・

本来なら、ここで、好きな電気機関車が牽引するフレートライナーを撮ろうと思っていたのですが、その後も撮り鉄さんが残っていたようなので、今回は、これだけで移動しました。

その後は、西国街道から高槻を超えてから国道171号を少し戻って、府道16号で大阪市内に戻ってきて、いつもの淀川左岸へ

トンボは、イトトンボはよく探さないと見つけられませんが、

シオカラ?コフキ?はよく見かけましたね。

コシアキは、飛び回っている場合が多いので、撮影できず・・・

なんか動いているなと思ったら、ハチが巣を作っていました。

久しぶりに走っているのを見たディーゼル機関車

餌をねだるスズメ

コアジサシも結構な数が居ましたが、昼間だったからか、ダイブは無しでした。

スズメはいつでも飛び回って餌探し

嘴の掃除に忙しそう

しかし、蝶の数が少ないです。

ボーイング787は、やっぱり撮ります。

口の中が黒くなっているので、親鳥?でも、目にまだ青い部分が残っているような?

暑くなっても、オオバンが居ます。

このカモは何が有ったのか、体を洗っていましたね。

結局、ギンヤンマは見かけませんでしたが、サナエヤンマを見かけました。

前挿しを畳んで止まっているので、タイワンウチワヤンマではなくて、ウチワヤンマかと思います。下の方には、イトトンボも止まってます。

以前この付近では、オオサカサナエも見かけてことが有るのですが、また見たいですね。

本日最後は、毛馬洗堰から大川を下って藤田邸跡公園横の池

この子は、まだ幼鳥のようで、親に餌をねだったり

蓮の実で遊んでいましたね。

最後は、綺麗に咲いていた蓮の花で締めます。

咲きそうな蕾も結構有ったようなので、明日の朝、起きれたらタイムラプスに挑戦してみます。

 

 

 

 

護衛艦「しまかぜ」一般公開

今日10日と明日の11日は、天保山岸壁にて護衛艦「しまかぜ」(DDG172)の一般公開の日となりました。

入港と接岸のシーンから撮りたかったのですが、9日の午前中に入港してしまったので、仕事があるため出来ませんでした・・・

接岸前に回頭も有ったので、撮りたかったな~

と、まあ、そんなことも有りましたが、桜島側から接岸状況を撮るついでに、この時期にしか取ることができないスーパーレールカーゴもついでに撮ってみようと、朝の4時前に自転車で出発。

昨夜の満月がまだ沈んでいなかったので、

土曜の朝でも忙しい、大阪中央卸市場

阪神なんば線の安治川橋梁と満月

この頃には、空もかなり明るくなってきましたね。

安治川口コンテナ駅には、以前から常駐でディーゼル機関車が止まってましたが、DE11から変更になってましたね。正面から見た感じは、DD13ポイ感じでしたが、新型でハイブリッド型のHD300でした。

まだスーパーレールカーゴ到着まで時間が有るのですが、佐川の専用コンテナトラックがすでに1台

日の出~

遠くに有るユニバーサルシティに有るホテルの壁面と

天保山の観覧車が朝日で輝いていてきれいでしたね。

そうこうしている内に到着予定時刻が近づくと、トラックも続々集まってきました。

スーパーレールカーゴ到着前に桜島始発のハリーポッター電車が西九条に向かっていきました。

ところが予定時刻になってもスーパーレールカーゴが来ない・・・

スマホで調べてみたら、石山を40分遅れで通過したとのこと・・・

何度か、ハリーポッター電車の上り下りの通過を見た後に

待ってましたの到着です。

ただ、土曜日は運休ではなかったはずのスーパーレールカーゴの前に到着するはずの電気機関車牽引のフレートライナーが来なかったですね。

お疲れ様でした。

この後、いつもの桜島の川岸から対岸の護衛艦を撮りに行きました。

うん、護衛艦は小さいです。

天保山渡船の乗り場から護衛艦

スズメ・・・にらまれた(汗)

で、天保山渡しで対岸に渡ると猫のお出迎え♪ 

その後すぐにベンチでくつろぎだしたので、手を出したら、噛んでくるんですよね。「邪魔するな」ってなんじで・・・

いよいよ、護衛艦「しまかぜ」です。

8時前なので、国旗も自衛隊旗もない状態です。

武装の動作試験してます。

7時過ぎの続々隊員が出てきて、準備始めました。

水上警察の巡回も始まりました。

準備が間に合うのかと思っていたけど、8時前にはきっちり終わらせて、自衛隊旗掲揚時には、全員で敬礼

舳先の国旗が、誇らしい

艦尾の自衛隊旗も誇らしげ

公開開始前の行列です。

対空砲のCIWS、映画やアニメで動いているシーンを見ますが、動いて無くても迫力ありますね。特に本体下部にある給弾ベルトが

公開開始すぐの頃は、撮影しやすいですね。あまり人が写らない。

この後、一旦会場から離れて、付近を散策したのですが、撮影したいものが見つからなかったので、甚兵衛渡船で大正区に入って、千本松渡船で西成区に移動

甚兵衛渡船までの道のりで、未だに残っている貨物線跡

千本松渡船が大正区側に帰っていきます。

千本松渡船で西成区に入ったものの、何処に行こうかと考えていたら、「そうだ、紫陽花とアガパンサスの有る阿部野神社に行こう!」と、向かいました。

紫陽花は、結構咲いていましたが、アガパンサスはまだまだでしたね。

「さて、次は何処に向かおうか?」「そうそう、四天王寺の紫陽花もそろそろいいかな?」と、四天王寺に移動

結構いっぱい咲いていましたね。

クマバチは、紫陽花には目もくれずでしたけど

この時点で、12時前だったので、「天気もいいのに、このまま帰るのは勿体無い」「けど、どうしよう?」「太陽の位置も変わり、光の加減も変わるだろうから、天保山に戻ろう」

戻ってきたら、人だらけ・・・

武器の動作風景や

窓拭きの実演

ラッパ演奏

などなど実施していたので、乗艦した人たちが下りないんですね。

渡船の中もカメラはスマホだらけ

順光気味になったので、いい感じです。

朝には、逆光で武器類も暗くなりましたが、この時間になるとこんなにいい感じでした。

戦闘艦と観覧車という画が撮りたかったんですよね。

この時間には、飛行機雲が出やすいのですが、これは逆光になってしまいますね。

消防署の方々もなんか楽しそう。

浮き?

「艦これ」に護衛艦「しまかぜ」があるのかと思ってしまいましたが、後で調べたら、戦時中の駆逐艦島風」でした・・・

「艦これ」興味ないからな~~~

大阪地方協力局のゆるキャラは「まもるくん」です。

今回は、海上自衛隊なので、「海まもるくん」でした。

夕日に艦艇のシルエットが映えるかな?と思っていたのですが、どうやら太陽の沈む位置と船の位置関係から、画角的に難しそうなので、撤収します。

最後は、天保山渡しの桜島側からです。

自衛隊絡みは、これで一旦終了です。多分

次回のイベントは、7月29日土曜日の舞鶴サマーフェスタですね。

日曜日なら、次の日の仕事の関係もあって行けないのですが、土曜日開催なら大丈夫っぽいので、行ってみたいですね。

その時期は、青春18切符が利用可能のな時期なので、青春18(+35)切符で行く予定です。

 

 

StrawberryMoonと言われても・・・

今夜の満月は、赤みが強いStrawberryMoonだそうですが、

あまり赤くないですね・・・・

とうことで、現像ソフトのLightroomを使って、赤みを強調してみました。

綺麗に染まったけど、

赤い満月って不気味なんですよね~

狼男が変身してそう。主に水谷豊的な・・・古い!

海上自衛隊阪神基地隊マリンフェスタに行ってきました。

今日は、海上自衛隊阪神基地隊マリンフェスタ2017に行ってきました。

昨日の奈良基地周辺は、平城宮跡があるので、早めに到着しても風景を楽しむことが出来るのですが、阪神基地隊の周辺は、工場しか無いので、基地正門前で、ひたすら開場待ちでした。

途中、陸上自衛隊伊丹駐屯地から展示用の車両の搬入を撮るくらいしか無かったですね。

今回のマリンフェスタで1番の目的物は、潜水艦です。

艦内に入る抽選は当たっていなかったので、上部甲板にだけ乗ってきました。

ただ、上部甲板上では写真撮影禁止だったので、岸壁と前に止まっていた掃海艇「えのしま」からだけになってしましまし。

鋼鉄のクジラには、いつかは艦内に入りたいですね。

潜水艦を外から撮るだけだったら、タイミングさえ合えば、神戸のMOSAICから川崎重工の造船所に居るや、三菱重工川崎重工から出港していくのを撮ることが出来るんですけどね。

掃海艇は、すがしま型の「つのしま」と、えのしま型のネームシップえのしま」が来ていました。

今回は、「えのしま」の艦内に入ることが出来ました。

すがしま型と、えのしま型では、2世代の差が有るので、外観上も大きさや煙突の数とかに違いが見て取れますね。

掃海艦の「あわじ」と違って、艦首の20mm機関砲は、むき出しです。

前方に止まっている交通船(YF1034)は、これも抽選の当選者のみが乗ることが出来る港内クルーズ用に用意された船です。

操舵室では、デジタル化がかなり進んでいるようです。

モニター画面だらけでした。

潜水艦と掃海艇以外には、練習艦「やまゆき」が来ていました。

鯉のぼり装備です。

マリンフェスタ自体は、艦艇の公開以外にも、いろいろな催し物があったので、昼前になってもどんどん見物客が来ていましたが、私の目的外なので、一通り艦艇をカメラに収めたところで、撤収しました。

次のマリンフェスタでは、潜水艦内や港内クルーズが当たって欲しいですね。

来週10日11日は、天保山岸壁にて護衛艦の一般公開が有るので、10日の朝から大阪港巡りになりそうです。

航空自衛隊奈良基地祭に行ってきました。

に行ってきました。

9時から開始なのですが、いつものように始発で近鉄奈良線大和西大寺駅まで行って、基地まで歩く途中にある平城宮跡で少し撮ってから、向かいました。

始発電車待ちの鶴橋駅

朝の大極殿

結構見晴らしいいので、いろんな鳥を見かけることが出来ますね。

大極殿朱雀門の間を走る近鉄奈良線

ここはいろんなアングルで、近鉄の広告撮影に使われていますね。

大極殿から奈良基地までの道すがら、池の端に咲いていた紫陽花

朝日を浴びて授乳中の野良猫さん

関西地区唯一の航空自衛隊基地なので、早い時間から並んでいるかと思ったのですが、開始直前に到着するバスが来るまでガラガラでしたね。

引退した国産ジェット戦闘機、F-1支援戦闘機

これの練習機だったT-2(戦後初の国産ジェット機)は2代目ブルーインパルスの機体でした。

あのカラーは派手でしたね。

しかし、何故に空母着艦用のアレスティングフックがあるのか?

まあ、Fー15Jにも付いてるから、イザという時のためなんでしょうけどね・・・・

航空自衛隊最初のジェット戦闘機のFー86F

初代ブルーインパルスの機体もこれでしたね。

T-33シューティングスター

2000年まで使用されていたジェット練習機です。

まだまだ現役のF-4といい、物持ちの良い自衛隊の骨董品です。

基地内では、ツバメがビュンビュン飛び回ってました。

なんとかピント合ったかな?

奈良基地は、幹部候補生の訓練学校がメインなので、通常基地祭で行われる観閲式もそれ自体が訓練展示という形態です。

ここの卒業生が、全国にある航空自衛隊基地に散らばって行きます。

今回の本命は、F-15Jの基地上空通過の撮影です。

戦闘機を擁する航空自衛隊の基地は、関西圏に気軽に出かけることが出来る場所にない(近い場所では小松基地?)ので、奈良基地祭の上空通過でしか見ること出来ないんですよね。今回の機体も小松基地所属でした。

1回目は、通常飛行形態、2回目は、ギアもアレスティングフックも下ろし、エアブレーキも展開した状態での通過でした。

正味基地の真上を通過したので、サイドからの画が撮れませんでした。

来年は、奈良県庁の屋上か、若草山から撮るのがいいかな~

でも、400mmでは厳しいかも・・・

14時過ぎの展示飛行は、F-15Jではなく、C-130Hの輸送機ですが、今回はパスして基地内をブラブラした後、帰路につきました。

F-104Jスターファイター

旋回性能を破棄したような形状ですね。

ちなみにF-104Jのエンジンは、京都府八幡市にある飛行神社に展示されていたりします。

地対空ミサイル「ナイキJ」

F-86Dセイバードッグ

下のF-86Fに全天候型のレーダーを追加した発展型という形ですが、まるまる別物です。

ペイトリオットシステムも展示されていました。

なんとなくに耳に入ってくる質問は、やはり北朝鮮からのミサイル迎撃についてでしたね。

その奥には、骨董車両が展示されていました。

よく見たら、四駆ですね。

ディスカバリーチャンネルでレストアの番組よく見るので、こんなのがかっこよく見えてしまう・・・

空自のブルーのX-TRAILはスマートですね。

91式携帯型地対空誘導弾

個人携帯型の対空ミサイル発射装置で国産です。

作ったのは、最近色々話題になっている東芝です。

自衛隊奈良地方協力局のマスコットキャラクター

空自なので、そらしかくんです。

せんとくん」や「しかまろくん」より可愛いと思う。

ちなみに、陸自は「りくしかくん」、海のない奈良県ですが、海自は「うみしかくん」です。

この後、大和西大寺駅まで戻りました。

途中で、コシアキトンボが居ました。

すぐに他のトンボとバトるので、飛んでいるのは元より、止まっていてもすぐに飛び出すので、うまく撮れない・・・

朝見かけた野良猫達も竹林の日陰でのんびりしてましたね。

竹林の奥には、可愛い子猫がいっぱい・・・・

朱雀門の前を通過する京都地下鉄車両使用の近鉄奈良行き

こちらは、阪神電鉄電車使用の近鉄奈良行き

ところで、この葉っぱから花が咲いているのはなんて植物でしょうか?

明日は、海上自衛隊阪神基地に行ってきます。