徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

いい天気は、良いサイクリング日和(5月14日)その3

京都大阪間のサイクリングで、一番安全で楽なルートとしては、淀川の河川敷を走るというのが有ります。京都府八幡市の桜で有名な背割堤側の御幸橋から大阪市内の毛馬の閘門までは、只管、河川敷を走ることが出来ます。

今回は、八幡市内での休憩も有ったので、松花堂弁当で有名?な松花堂庭園前の道で男山を超えて樟葉へ、そこからは河川敷です。

枚方大橋付近までは、河川敷の林の中を気持よく自転車を走らせます。

途中いろんな鳥の声を聞くのですが、葉っぱが邪魔で視認できないんですよね・・・

だから写真はなしです。

枚方大橋の河川敷は、かなり整備されていて、花がたくさんある中でマツバギクの光沢が目立ってましたね。

なかなか、華やかというか派手!

雲雀もせっせと、餌を捕っていました。微妙な距離感で、すぐに逃げないです。

百舌鳥も結構、見かけたのですが、カメラ向けるといなくなる。

やっぱり野鳥撮影は、サイクリングのついでというのは無理が有ります。

土曜日のため、道中は、河川敷のグランドでの少年野球やテニスやサッカーをやっているのを脇目に、他の本気仕様のサイクラーとすれ違ったり、追いぬかれつつ、今日の夕日撮影予定の菅原城北大橋付近まで帰ってきました。

城北公園付近の土手上には、シロツメグサがいっぱいです。

後ろは、菅原城北大橋です。

城北公園には、季節限定開園の菖蒲園があるのですが、今はまだ準備中です。

いつもなら、下流に向かっての走行では、向かい風が非道くて進まないのですが、今日は川からの風も涼しくて、日差しは有ったのですが、気持よく走れたために早く着いたので、青空将棋の声やワンドでの声、鳥の鳴き声なんかを聞きながら、ボケ~っと時間待ちです。

少し、上流に戻っての本日の夕日撮影ポイントは、淀川河口から12km付近です。

今日は、太陽柱も出ましたね。

朝の朝焼けや日暈、夕暮れの太陽柱と、なかなか美味しいい日でしたね。

日没後のライトアップされた菅原城北大橋

淀川に掛かっている橋の中で、一番美しいと思いますね。

で、本日のサイクリングは帰宅です。

帰宅後すぐに、写真選択と現像処理をしたのですが、流石に20時間ほど起きていたのは、きつかったようで、気絶するように落ちてしまいました・・・

来週は何処に行こうかな~