徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

日の出から日の入りまで、月の入りから月の出まで(5月21日)その5

臨海線は、完全に車のための道路ですね・・・

歩道はそこそこの幅は有りますが、手直しが殆ど入ってないのでガタガタです。

撮影後の帰りには、街灯もないので、走るのが怖かったです・・・・

気持ちよさそうに鵜が飛んでいるし

向かいにある一文字堤防へは、渡船が有り(今日は一文字堤防の釣り人見ませんでしたね)

釣り人の捨てる外道を目当てに、ネコも沢山います。

最後の猫の写真は、わざわざ分けてくれる釣り人からもらった魚を咥えてご満悦でした。

アジサシも何度もダイブして、魚をとってましたね。

かなり上空から一気にダイブしているので、ダイブの瞬間は撮り損なってばかりでした。腕悪いな~~

夕日と離陸機は、タイミングが合えば、被すことが出来るのですが、伊丹と違って遠いので離陸機のタイミングがつかみにくいですね。

クリアな空気なら、淡路島と明石海峡大橋が拝めるんですがね。

そして今日は、明石海峡大橋に夕日が沈むはずなんですが、この霞具合じゃダメだろうな~と思っていたら、やっぱりこの後は霞に隠れて、2度と太陽を見ることが出来ませんでした。

ほんとうなら、

こんな感じの画になる予定だったんですけどね。

これは、今年の3月12日に南港の海の時空館跡横から撮ったものです。

大阪港から見えるときは、手前の神戸港や海上の構造物が少しじゃまに為るのですが、岸和田からりんくう公園付近から見る場合は、海を行く船以外の邪魔がないので、見たかったですね。

まあ、暖かくなっているので、ダルマ夕日にななりづらいですけどね。

これは、去年の12月29日に御坊市日高川河口から四国沖に沈む夕日を撮ったものです。

で、日が沈む少し前くらいには、満月1日手前の月が出てきました。

霞のせいで、赤く不気味ですね・・・・

霞、霞と言ってきましたが、はっきり言って迷惑な黄砂やPM2.5なんですよね・・・・

急いで2時間半ほどかけて帰宅しました。

先週と同じで、いやそれ以上につかれたので、今回も写真整理中に気絶しました・・・・