読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

大阪港と天保山(6月18日)

甚兵衛渡船場から天保山船場に向かうには、そこそこの距離も有り、面白いものも結構有りますので、渡船に乗り込むまで

クルマ好きには、人気のスポット「大阪港第三突堤第七岸壁」通称「ナナガン」

港大橋や倉庫街をバックに自動車の撮影会で、夜を中心にいつの時間帯でも賑わっているのですが、今日は、貨物運搬船が接岸していましたので、少しさみしい状態でしたね。

景色撮る分には、これも景色の一部として、いいものなんですけどね。

ナナガンから赤レンガ倉庫街に向かう途中の第二突堤に向かう途中に有る鉄柱ですが、昔、国鉄の引き込み線が有った頃の送電鉄塔の残骸でしょうか?

変圧器自体はそれほど古い時代のものでもなさそうですが、遮断機用の碍子ボックスが時代を感じますね。

港大橋バックに白黒で仕上げてみました。

住友マークの有る赤レンガ倉庫

少し前にクラシックカーのギャラリーに変貌してしまった倉庫の方は、住友マークが削られてしまって、私的には、一気に価値が下がってしまいましたが、こちらの方は、まだまだ現役で倉庫というより作業場として、現在も使われているようで、いい感じです。

古いものも現役で使われている方が見ていて気持ちいいです。

レンガ造りの倉庫って、結構正面から見ることは有っても、サイドから見ることがあまりないのですが、サイドから見たらこんなのです。

スレートなんかじゃなく、瓦屋根です。

ベース木造建築なんでしょうね。

平屋タイプだというのも有るんでしょうね。

この奥には、積み下ろしの岸壁が有るのですが、土曜日で防潮壁もしまっていて出ることが出来ませんでした。

以前の平日に覗いた時には、団平船がいっぱい泊まっていましたね。

こんな感じ

雰囲気出すために白黒にしてみました。これを撮ったのは「大阪港第三突堤」の一番奥側です。

天保山山頂から安治川の先、梅田のビル街が望めます(笑)

二等三角点が設置されていますが、実は天保山展望台の方が、この位置より遥かに高い位置にあったりします。

ちなみに日本一低い一等三角点設置の山は、堺市大浜公園の蘇鉄山です。

この後、目の前の天保山船場から渡船に乗って、此花区桜島に向かいました。

大阪港から此花区に向かうには、海遊館前から有料でUSJ前の船着場に送ってくれるキャプテンラインが有りますが、此方は、海遊館からもUSJへも距離がありますが、当然のごとく無料です。