徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

日の出前後のあれこれ(6月18日)

今日のサイクリング撮影行の行程としては、国道43号線の安治川橋梁から住吉大社、堺、浜寺公園でUターンして、大阪港、舞洲、北港ヨットハーバーと、距離は大したことないんですが、シャッターを切った枚数が600枚超えとなってしまい、朝の3時に出発して、帰宅は20時過ぎでした。

それから、写真整理と現像をしていたのですが、例のごとく途中で気絶・・・

で、いろんなジャンルを撮っているので行程を追ってのアップでは、収拾付きそうにないので、適当にバラバラにしてみました。

まず、日の出前後です。

4時前、少し赤くなってますが、まだまだ、夜景です。

計算上の日の出時刻、明るいですが、太陽の気配なし

正面のビルがなければ、朝日が見えているはずの時刻

一部の建物に太陽の光が反射してきています。

で、実際に太陽が見えた時の位置はここ、毎日見ている風景じゃないので、WEB上のソフトで当たりつけても予測通りに出ることはまず無いですね・・・

完全に太陽が見えた状態です。

今回は、この時点での太陽の下のビルのもう少し右寄りで、隣のビルの間に上がると思ったのですが外れです。

トラス橋と川面に映る朝日の中を鵜が餌を求めて飛んでいましたね。

真ん中の波紋は、ボラがジャンプした後です。

本当は、梅田の高層ビル街に昇るのを見たかったので、もっと北寄りのロケーションにしたかったのですが、地理的に北寄りにはビル街までに障害物が有ったり、まもなく夏至のため、ほぼ北限の位置から昇るので、トラス橋と川面の映り込みに期待して、今回はここにしました。

ただ、国道43号線で橋梁の上のため、朝の時間でも車の通行量が多いので、揺れるため、スローシャッターは不可能でした。

オマケ

日の出撮影後に移動した弁天町付近でビルの隙間から見えた太陽です。

日の出関連は、ここまでですね。