読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

都会のローカル線(6月18日)

大阪市内でありながら、只管ローカルな路線、南海高野線(汐見橋-岸里玉出間)通称汐見橋線ですが、特に木津川駅が哀愁漂っているというか、最近廃墟から更地になりかけてますね。

久しぶりに落とすれたのですが、駅舎以外にあった周りの建物がことごとく取り壊されています。

今の状態を見たらなんで此方向きに駅舎が?と思われる方向に改札口を含む駅舎が有ります。

途切れたレールと手動転轍機の残骸

開通当初は、高野山からの木材搬出の駅として栄えたところだったそうですが、今は見る影も有りません。

島式ホームの木津川駅から汐見橋行始発が6時1分に出発です。

南海色ですが2両編成のワンマン。乗降客なしでした。

汐見橋駅も以前は、古い路線図が改札口に掲げられていたので、見るべきものが有ったのですが、撤去されてしまい面白く無いのでスルー

アレ復刻しないかな・・・・

西天下茶屋駅

この駅舎も古いのですが、駅員いません。

軒をチェーンで吊っているのは、今年廃止された阪堺電車の住吉公園駅にも有りましたね。

オマケ、大阪環状線木津川橋梁

汐見橋駅を外したので、なかなかな理由(急いで開通させる必要が有ったので、強度計算と材料加工が簡単)のこの形が珍しく、最近色を塗り替えたトラス橋(ダブルワーレントラス)を入れておきます。
昭和3年製です。