読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

阪堺電車と紀州街道&熊野街道その3(6月18日)

鉄分絡みは、ここまでにしましょうか。

住吉大社からは、熊野街道から紀州街道に戻ります。

と言っても、安立町我孫子道付近はスルーしてしまいました。安立町の付近には、古い建造物もあったようなんですけどね・・・・

大和川を大和橋で渡れば、堺市に入ります。

大和橋に平行して南海本線大和川橋梁と阪堺電軌鉄道阪堺線大和川橋梁があり、電車のサイドビューが狙える良いポイントです。

 

綾ノ町駅までは、専用線になりますので紀州街道とは離れますね。

で、紀州街道の方には、紡績工場の社屋を利用したレンタルスペースのSPinniNG MiLLがあります。

イベント時に入ってみたい雰囲気が有りましたね。

綾ノ町駅から御陵前駅までは、拡幅された紀州街道の真ん中を専用線で走ります。

途中にザビエル公園や、堺自転車会館、堺伝統産業会館、与謝野晶子生家跡、宿院の一筋西に利晶の社が有ります。

与謝野晶子の生家跡から、商家の建物1件分の拡張がされているようですね。

御陵前からは、専用線紀州街道に別れます。

ここは、環濠都市堺のころの境目の土居川が流れています。

道なりに紀州街道を進むと石津川を渡った辺りに

北畠顕家戦没の碑が、あります。

花将軍にふさわしく、花が添えられていますが、花が有り過ぎるという状態じゃないのが、趣があっていいです。

実際には、目の前の紀州街道は狭いですが、交通量が結構あるので、のんびり撮影していられませんでした・・・・

その後しばらく進むと、とてつもない高さまで育ったサボテンが・・・・

これは一見の価値あります

その先、南海本線諏訪ノ森駅阪堺電軌鉄道阪堺線船尾駅を過ぎると、浜寺公園手前でオーバークロスするために紀州街道は、一反府道204号線に合流しますが、私は東側の阪堺電軌鉄道阪堺線沿いを走ります。

この付近からオーバークロスしたあとの南海本線浜寺公園駅付近までの沿線脇には、近隣のボランティアの方々が手入れされている花がたくさん植えられていて、鉄道バックに綺麗な風景を見ることが出来るんですよね。

特に桜の時期には、

この撮影場所より少し浜寺駅前駅よりでは、桜満開の下から見上げる形の写真と撮らせていただきました。

南海本線沿いになってもサクラが結構咲いていましたね。

今の季節でも、いろんな花が手入れされていますね。

浜寺駅前駅は、終端駅で単線のために発着が混み合っている時には、降車専用ホームと乗車専用ホームに分かれて運用されています。

と言っても、降車専用ホームは、普通の道路に降車専用のステップが有るだけなんですけどね。

私が小さい頃には、四六時中降車ホームを使っていて、時には2編成が降車しているということが結構有ったんですけど、最近は寂しい限りです。

乗客をおろして、乗車専用ホームで乗客を乗せて出発していく堺トラム1003号車(青らん[せいらん])

2015年デビューのピカピカの新人です。

阪堺電軌鉄道には、日本最古の現役電車モ161形(昭和3年制)も走っていますので、此方も見る勝ちがありますが、老朽及び冷房がついていないので、6月から10月の暑い時期は、車庫で眠ってます。 

オマケその1

南海本線浜寺公園駅駅舎

現在高架工事に伴い、保存工事をしているので利用することも見ることが出来ませんが、東京駅を始め数々の歴史的建造物を設計された辰野金吾氏の作品です。

駅舎だけでなく、左側の臨時改札口やホーム自体も見るべきものがあるんですけどね・・・・全部残すわけにも行かないようですから、仕方ないかな

オマケその2

モ161形164号車(昭和3年制)この車両はデビュー時は170号車でしたが、改番になって164号車となりました。

NHKで「マッサン」が放送されている時の記念ラッピング車です。

とりあえず、鉄分絡みは、これで終了です。