読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

子午線と明石海峡大橋

サイクリング・ポタリング

今日は、明石まで行ってきました。

朝は、いつものように3時出発、国道2号線を只管Gowest。

5時頃に神戸市灘区のラ・ムーで水分補給と朝ごはん購入、近くの公園で食べて、再出発

まだ空いている時間帯に神戸市街通過で、海水浴客もまだ来ていない須磨海岸沿いを走って

須磨海水浴場を通過した辺りでは、曇っていましたね。

次のJR塩屋駅付近では、結構晴れてきました。ここから最後までは、只管晴れでした。

遠くに見えるのは、須磨海づり公園です。

JR垂水駅前で一服した後は、一番海岸寄りを自転車で走りましたが、オフシーズンは走行OKの場所も海水浴シーズンは、「押してくださ~い」とのことで、仕方ないですかね。

で、明石海峡大橋に到着しましたが、8時前なので、移情館も窓が閉まってます。

釣り人がいっぱいでしたね。

夢レンズの先に見える明石海峡大橋

いつもの構図ばかりになりそうなので、とりあえず先に進んで、JR朝霧手前からパチリ

明石らしい時計、JR朝霧から海岸に出たところに有ります。

この後、ラ・ムー大蔵海岸店で水分と追加の食料を入手したのですが、そろそろ、一般の海水浴客が集まり始めて、大量の食材と飲み物を買っていかれていましたね。

大蔵海岸から離れる辺りには、デイゴデイゴでもアメリカデイゴが、松林に紛れて、いくつか見られましたね。

とりあえず、海岸線の子午線を通過しました。

その後は、明石浦漁港まで一気に進んで、明石独特の漁船を明石海峡大橋をバックにパチリ

近づいた私にびっくりしたのか、慌てて鵜が離水していきました。

明石港入り口の残されている国登録有形文化財の旧波門崎灯籠堂

現在の堤防と灯台の内側に為るため、今は使われていませんが、海側につきだした石垣も残されていました。

明石港にも有ります。

漁具のジャンク

使わなくなった部分も捨てるでなく、無造作に漁港に置かれていましたね。

ちょっと整理したらいいのに・・・

この後、帰る方向で走らせました。

子午線上に有る中崎公会堂、木造建築がすごく雰囲気ありますが、現在も色々利用されているようで、覗いた時には、ヨガをやっているようでしたね。

やっぱり古い建物も使ってこそですね。

こちらは子午線上に有る大蔵交番、屋根の形が明石天文台を模してます。

右にある石柱は、子午線の表記がされています。

子午線交番の看板も

明石天文台です。

科学館に入っている余裕がなかったので、外からだけです。

入口付近からの明石海峡大橋

子午線表記と子午線上に有る漏刻、時間表記は間違っていませんでしたね。

さて、頑張って帰りますか

と、その前に、折角、自転車で来たので、いつもと違う場所から明石海峡大橋をとってみようと、舞子から少し山を上りました。

なかなかいい場所が見つからなかったのですが、

住宅街の向こうに松林と移情館と共に明石海峡大橋を撮ることが出来ました。

橋の上は、上りも下りも混んでますね。

この風景を見て、思い出したのが、マーケット・ガーデン作戦を題材にした映画「遠すぎた橋」のアーネム橋でしたね。

マーケット・ガーデン作戦に関しては、当時流行っていたボードゲームのウォーゲームを4人がかりで8時間やっても、終わらなかった記憶も有ります。

舞子から垂水に少し戻ったところの山陽電車のすぐ脇に五色塚古墳公園があります。

高台なので、この場所からも撮れるかも?と寄り道しました。

前方後円墳の前方部の端からいい感じに撮ることが出来ました。

五色塚古墳の最寄り駅は、山陽電車の霧が丘駅になります。

この後は、午後から天気崩れるかもの予報が出ていたので、只管、急いで帰りました。

オマケ

帰路の途中、少し余裕ありそうだったので、新長田に有る鉄人28号です。

新長田は、鉄人28号や三国志の漫画で有名な横山光輝氏の出身地なので、阪神大震災後の復興の足がかりの一つとして、街ぐるみで毎年イベントをやっているようですね。

鉄人以外にも、三国志の登場人物の石像も街のあちこちに有ります。

結局、走行距離は130kmくらいで、消費した水分は、600mlペットボトルを10本ほどでした。

帰って、一息ついたところで、雷鳴がどこからか聞こえてきて、1時間もしない内にど破りが来ました。

雨に合わずに助かりました。

明日は、遠出はないかな?

休みは17日まであるので、もう一度位は、遠出したいですね。