読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

朝日(淀川右岸)から淀川左岸

今朝は、淀川に昇る朝日と、渡りの鳥を探して淀川左岸へ行ってきました。

日の出のすこし前、雲を赤く染めてくれたのは素晴らしかったですね。

全面の水面は淀川です。奥に見える山は生駒山です。

撮影場所は、淀川右岸赤川鉄橋の真下からです。

日の出の頃は、上空の雲が多くなってしまいました。

コスモス、空を背景にしたかったのですが、曇っていたので、水面に反射する朝日をバックにしてみました。

何故か有る大日大聖不動明王、後ろに咲いた彼岸花が良いポイントになってくれました。

大阪城の猫と違い、ほとんど野良猫状態(ホームレスの方が世話してるかも)なので、人を怖がって、草の間から此方を伺っていました。

朝のシラサギの大移動、営巣地から普段の餌場に散らばるんでしょうね。

カモの編隊飛行、カモの羽ばたきの音って、なんだか格好いいです。

マガモがやってきました。

これから、渡りの水鳥もどんどん増えてくるんでしょうね。

あらよっと

目が1点を見ている様子がよく分かる

スズメの朝の食事風景、ちょっと影に入ってしまっているので暗かったですね。

川岸のアスファルト脇なので、散歩やランニングの人が近づくと、一斉に中洲に移動して、居なくなったら戻ってくるを繰り返していました。

中洲の木の上の子ヒヨドリ

置いてけぼりを食らったようです。

このカモは何でしょう?

かなり潜水時間が長くて、川底の何かを食べているようでしたね。

マガモのシンクロ

カモって、基本的に浮力大きすぎて、潜れないので、エサ取りではこうなります。

妙に可愛い

伊丹を離陸して東に向かうために淀川上空通過する旅客機ですが、空気がクリアな朝だったからか、結構はっきり見えましたね。

綺麗な空気の朝は、気持ちいいです。

此方は、伊丹に着陸するために南東方向から淀川を通過する旅客機ですが、このあたりで着陸ギアのダウンを始めるのは、あまりないことなんですよね。

普段は、淀川上空では、すでに着陸ギアは出ています。

セセリチョウは、頭突っ込みます。

ミツバチは、花を渡っています。

オナガシジミチョウ、ヤマトシジミ以外のシジミチョウは久しぶりです。

コムラサキ、タテハチョウの1種ですが、紫に輝く翅が綺麗ですね。

芙蓉は、大きく迫力ありますが、色が優しいので、威圧感はないですね。

なんとかバックに青空が入る花を探して撮りました。

オマケ

日の出前の風景、2つ

生駒山上空で赤く染まる雲

空一面の雲が赤くなるのを久しぶり撮りたくなりました。

これだけは、予測はできるんですが、撮れるかどうかは運ですからね。

朝日に照らされる梅田のビル街