読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

ダルマにならなかった夕日

今日は、朝の天気が良くなくて伊丹駐屯地の基地祭に出かけることが出来ませんでした。

もう一つの大きな予定として、夕日が明石海峡に沈むタイミングなので、ダルマ夕日が見れるかと日没前には、舞洲の新夕陽ケ丘に行ってきました。

結果は最後に取っておいて、日没まで舞洲付近の散策です。

舞洲と夢洲の間にある舞洲側の舞洲シーサイドプロムナードから夢舞大橋と港大橋

夢舞大橋はこんな形ですが、世界初の浮体式旋回可動橋です。

実際に動かすのは、定期的なテストでしか動かしていないようで、かなり無駄機能のような気がしますね。

地盤沈下が絡んでいるのか、かなり海水に洗われて、プロムナードの一番低くて海岸よりには入っていけません

他の部分の改修もされていないし、開発も途中で投げ出されていますので、かなりもったいないエリアになっていますね。

2025年の万博が決まれば、夢洲の開発とともに一気に手を入れることができるのかな?

木の上で警戒している鳥が居たので、モズかと思ったらスズメでした。

鳥は、定番?(スズメ、ヒヨドリムクドリ、ハト、カラス)の鳥たちしか見かけませんでしたね。

天気のいい日は、良いロケーションの場所なんですけどね~

ハイビスカスがまだチラホラ咲いていました。

風は冷たくなっているんですけどね。

舞洲ロッジ周辺の舞洲緑地内では、紅葉もそこそこ進んできています。

大阪城公園もみじ園のモミジと比べて、紅葉前に傷んで落ちるという葉っぱは少ないようですね。陽射しと風の影響でしょうか?

新夕陽ケ丘の頂上付近は風が強くて、ヒメアカタテハは、飛び上がると風に流されてしまうので、地面をウロウロしていました。

舞洲サーキット内のカート上で練習を繰り返すドライバーたち

昔は、ここも含めて日本初の0-400レースの公式レースコースだったんですけどね。

そのまま残っていたら、エアレースもここで開催できたかも?

ここからは、神戸の街も望むことができるんですが、今日は霞がかかっているので、ガントリークレーンたちが、サバンナの中のキリンたちに見えませんか?

エノコログサも強い風に煽られて金色に輝いていましたね。

神戸港入港街の船たちのシルエット、なかなか順番回ってこないようですね。

さて夕日です。

明石海峡大橋部分は、雲もなくいいコンディション。

あら?でも、予測より北寄りなような

思ったより北寄りだったので、ダルマにはなりませんでしたね。

ソフトでは、いい感じの場所に降りるような気がしていたんですけどね・・・

これを踏まえて、来週の土曜日がギリギリのラストチャンスのような気がします。

来週は、堺での護衛艦の一般公開が有るのですが、日没までに帰ってこれるかどうか・・・

日没後の空の雲は真っ赤です。左上には上弦の月が出ています。

日没時間頃にちょうど南天付近でした。

何か大きなタンクを運んでいるタグボート、海運だと、かなり大きな物も分解しないで運べるから便利ですよね。

オマケ

淀川右岸側から梅田の夜景です。

今日のいい天気は、もっと早くからだったら良かったんですけどね。

残念でした。でも、流石に晴れの特異日なようで、明日は朝からいい天気のようですね。

明後日は仕事なので、あまり遠出出来ないな・・・