読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

今週はミリタリー(護衛艦&掃海艇)

昨日の護衛艦一般公開に続いて、今日は、陸上自衛隊八尾駐屯地の航空隊の基地祭に行ってきました。

昨日の護衛艦の写真とともに、航空隊の写真をアップします。

まずは昨日の護衛艦と掃海艇の色々です。

2隻目の掃海艇の着岸風景

小回り利かす必要が有るので、バウスラスターの威力は結構あるようですね。

掃海艇は、写真で見たら塗装の関係もあり鋼鉄船のようなに見えますが木造船です。

護衛艦のマスト越しの太陽

艦橋前縁部からの前方の武器類

操舵輪

主砲の先に太陽を入れてみました。

ミサイル発射塔

救命道具はロックを外せば自由落下で海に落ちます。

後部副砲は、内部のライフリングを見せてもらうことが出来ました。

対空機銃は、手動でなくレーダー連動です。

これが抜かれたら、迎撃失敗となりますね。

後部は、ヘリ着艦用の広場になってます。

映画「亡国のイージス」や、漫画「ジパング」に出てきたイージスタイプじゃない古いタイプですが簡易型のイージスシステムを搭載されているようですね。

阪神基地に配備されていることからも、あまり正面に出ることを想定していないのかも・・・・よくわかりません。

掃海艇の対空機銃は、人の目と腕が頼りになってます。

まあ、掃海艇の仕事は、機雷除去がメインなので、周りで他の船が守るということが有る彼でしょうからね。

マストに掲げる旗は、万国共通ですが勉強していないので、何を表示しているのかわかりません。

掃海艇の操舵輪

護衛艦のときもそうでしたが、着岸で一般公開中のためかロープでロックされていますね。

機雷除去のための機器や設備類が集中している後部甲板は、海面スレスレで作業をする関係で、かなり低い場所に有ります。

12月11日は、海上自衛隊阪神基地隊で、ウインターフェスタが有り、今回見ることができなかった潜水艦を見ることができるようなので、出掛けてみようかと思います。

もっとも、建造中や改装中なら神戸港MOSAICから川崎重工のドックに入っている潜水艦や、三菱重工から出て行く潜水艦を見ることができるんですけど、もっと近くで見たいですからね。