読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

ほぼベストな日の出でした。

日の出前後 天体

今日の天気予報は、昨日の時点で朝から快晴予報

じゃあ、行かねばということで、昨日の日の出の位置関係から赤川鉄橋より下流の毛馬洗堰手前の護岸工事のされている場所から狙ってみました。

木星と月はやっぱり無理でしたね。

計算上(地平線から出てくる時間、実際に見えるようになるのは山などの影響でもっと遅くなります)月の出の時間中央雲の上に有るのが木星です。

予定では、正面の山(生駒山)の左側の建物付近から昇ると思われます。

が、思ったより木星と離れているのと、月の細さに比べて周辺が明るいので、無理かな?

計算上の日の出の時間より10分ほど前(6時8分頃)から空にある雲が赤く染まりだしました。

6時14分頃には、太陽の位置を示すように光の柱がでました。

計算上の日の出の時刻6時17分頃には、空全体が染まってきました。

生駒の山の向こうに太陽がある時間帯になると、放射状の光の膜が広がりだしましたね。

実際の太陽が出てきた時間は、6時30分頃でした。

予想通りに、見事に生駒山の真ん中から上がってくれました。最高でしたね。

太陽全体が見えたときには、川面への光の筋と、上の雲に遮られてできた光の膜が良かったですね。

この後一旦上空の雲の向こうに隠れたのですが、

隠れている間はこんな感じです。

本日2度めの日の出です(笑)。

赤く染まる雲、全体に広がる光の膜、山の真ん中から昇る朝日、2度めの日の出と、日の出を撮ってきて今までで、最高な状態だったかもしれません。

夕日でよかったのは、去年末に御坊市日高川加工から撮った四国をかすめるようなダルマ夕日と、今年3月に南港の海の時空館横から撮った明石海峡に沈むダルマ夕日が、甲乙つけがたいですね。

ただ、今回の朝日撮影ではNDハーフフィルター持っていなかったので、空の色があまり綺麗に出なかったのが少し残念です。LightroomPhotoshopを使いこなせば、もう少し綺麗になるのかもしれませんが、要勉強というところですね。