読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

K-30手放しました

風景 その他の植物

 

2013年にデジタル一眼レフ購入に際して、光学的主流で昔からお馴染みのNikonCanonや、家電から派生して来たPanasonicSONYなどを調べて、結局、高校生の頃に銀塩一眼レフを初めて買ったときのRICOHが採用していたKマウントとダブルダイヤルの魅力からPENTAXのK-30に決定し、それ以来使用してきましたが、途中にK-5IIsを追加購入、シャッター回数が7万ショットを超えた為に2代目K-30に買い替えたりしてきました。

去年の10月にオールドレンズに手を出して以来、MFでの不満を抱えたまま過ごしてきたのですが、今年の夏にEVFを搭載しピーキングでピントを合わせやすいNEX-6を購入したことで、オールドレンズ使用にNEX-6をメインに据えてしまい、普段使いもK-5IIsがメインになっていたことも有りK-30の出番自体が少なくなってしまいました。

そんなこんなで、AF専用で絞り環がついていないKマウントレンズ群も絞り付きマウントアダプターを使うことでNEX-6がK-5IIsの補助機にすることができるようになりましたので、K-30を手放しました。

PENTAXのK2桁シリーズ(現行のK-70やK-S2、生産終了のK-50やK-30)は、初心者から中級者にはもってこいのカメラだと思いますね。

ただ、周りに使用者が少ないのとサードパーティも含めてレンズが少ないのが難点ですね。

使えるオールドレンズでは、Kマウントもかなり有りますので、楽しいと思いますけどね。

で、

私のこれからのカメラ環境は

K-5IIsでは

smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED(魚眼から超広角、マクロ的にも使える)

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM(便利ズーム、かなり高水準でオールマイティ)

smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR(マクロ、中望遠の遠景にもOK)

SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM(まあ、望遠ですね。)

smc PENTAX-A 50mm 1:1.7(APS-Cなので中望遠、ただし、A接点不具合あり)

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO(キットズームに近いです。NEX-6で使うことのほうが多いかも)

NEX-6では、上記に加えてSマウント(m42)アダプタ使用で

SMC TAKUMAR 28mm/F3.5(可もなく不可もなくの標準的な広角)

MIR-1B 37mm/F2.8(APS-Cでは、ほぼ標準画角、少しグルボケ有るがボケも綺麗)

INDUSTAR-61 L/Z MC 50mm/F2.8(星ボケ、マクロ的にも使える)

HELIOS-44M 58mm/F2(グルグルボケ専用)

HELIOS-44-2 58mm/F2(グルグルボケ、素のままでは無限遠が出ない)

SIGMA-XQ 135mm/F2.8(何故かMACRO用の繰り出しできない。また、絞りAUTO専用だったのをピンを外したので絞りMANUAL専用に変更)

を撮影対象に合わせて持ち歩くことになります。

Sマウント群もKマウント用のアダプタも持っているので、MF頑張ればK-5IIsでも使うことが出来ますしね。

あれ?レンズ無茶苦茶多い・・・

NEX-6用に超広角系や、シネマレンズにも手を出そうと思っているのに・・・・

まあ、NEX-6用にAFレンズを買う予定はなしですね。

使いこなして、いい写真が撮れるように頑張ります。