読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

結局、新調?

徒然

壊れた三脚は、撮影に出かけるときにはもちろん、仕事のある平日にも持ち歩いたりしていました。

西は赤穂、北は舞鶴、東(北東?)は福井、南は御坊まで、持って何度も出かけていきましたね。

星景写真を撮るために寒い中、4時間ほど三脚とカメラに仕事をさせながら、じっと待っていたりとかも・・・

と、結構思い出もありますので、何かで利用できるかもしれない(一脚に改造とか?)ので自宅待機にし、新しく脚だけ買ってきました。

持っていた三脚は、三年前に買ったものでVelbonのUltrek-45L(現シリーズでは、UT-45の脚にUT-55の雲台が付いたものhttp://www.velbon.com/jp/catalog/ultrek/productsultrek.html)で、畳むと30cm以下のコンパクトなために、メッセンジャーバックにもすっぽり入るので、かなり頻繁に持ち歩きましたね。

で、最近、新しくクイックシューが欲しくなったのを機会に雲台をVelbonのQHD-53Q(http://www.velbon.com/jp/catalog/panhead/productsballheads.html)に付け替えて、「さあこれからも持ち歩くぞ~」と意気込んでいたら、経年劣化からかもしれませんが、脚連結部のストッパーのプラスティック部分が吹っ飛んでしまいました。

そんなこんなで、急遽脚だけを探して、カメラ店を回って中古を含めていいものがないか探してみたのですが、結局VelbonのULTRA655(http://www.velbon.com/jp/catalog/ultra/productsultra.html)の脚だけ買ってきました。

雲台と脚で2万円ほどの出費となり、新調したことになってしまいました。

コンパクトさが少しスポイルされましたが、脚も太くなったので安定感も増したし、また、SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSMを付けたK-5IIsでも使えるようになりそうなので、これからも普段から持ち歩くことには変わりなそそうです。