読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

今年最初のクルーズ客船

毎年、最初の一発目は、2月になってからなんですよね。

で、今朝はかなりいい天気になりそうだったので、昨日の満月前日の月の入りの雰囲気が良かったので、かなり早めに大阪港中央突堤に出向きました。

頑張ったかいが有って、満月を満足に撮ることが出来ましたね。

この後は空が明るくなってしまい、沈む瞬間は、見えなくなってしまいましたね。

日曜日なのに、コンテナ船が2隻も入ってきましたが、それを露払いにして、客船のアムステルダムが入ってきました。

六甲山は、冠雪していましたね。

六甲の冠雪で思い出すのは、雪の中、鈴蘭台から逆瀬川までノーマルタイヤで走りきったことですね。あの時は怖かった。セミレーシングのスリック状態のタイヤで、年末年始の休み利用して新潟まで行ったときより怖い思いをしましたね。

なにがって、対向車の挙動が怖い・・・・

 

そんなことを思っていたら、アムステルダム大関門を抜けて来たところで、客船をいつも迎えに出る消防艇の「まいしま」の歓迎放水が始まりました。

いままで、何度か歓迎放水見たこと有りますが、色水使っているのを私は初めてみました。なかなか、派手ですね。

2017 Ground World Voyage だそうです

6万トンクラスなので、威圧感はないですね。スッキリしてかっこいいです。

出迎えに行った「まいしま」も帰ってきました。

露払い?のコンテナ船2隻は、夢洲のコンテナヤードの接岸しましたね。

これから、キリンのお仕事です。

接岸作業風景です。

いつも思いますが、ロープだけで固定してしまうのも凄いですよね。

15万トン超える船でも、同じ方法ですからね。

 

客船は一旦置いておいて、撮ってみたかった天満屋ビルです。

形状がとても素敵なんですが、見た目1階、実は3階の喫茶店が営業していて、昼間は窓際の席はいつも埋まってしまっているので、撮影をためらってしまってました。

角のアールと、鉄枠の窓がいいです。

鉄枠の窓は、私が通学していた高校(37年前)もそうだったので、懐かしい気持ちになりますね。(錆びついて開かない、開いてしまうと閉まらない)

 

海側に戻って、水上警察の警察艇?と海上保安庁の巡視艇がある場所には、マーメイド像がこっそり有ったりします。

あまり大きくないのが寂しいところですね。日もあまり当たらないし・・・

大阪文化館の壁面ガラスに写る風景は、見ていて楽しいですね。

キリンはキリンでも、生き物のキリンでなく、ガントリークレーンでもなく、レゴで作られたキリンが、天保山マーケットプレースの入口で出迎えてくれます。

天保山公園の方で、買ってきた弁当を食べようとしたら、スズメが寄ってくるよってくる。

早くくれよ!と、睨んでくるのまでいます・・・

おにぎりのご飯粒を撒いてしまいました。

海水でも関係なく、オオバンがいましたね。

海藻も食べるんですね~

山茶花を透過光で撮ってみました。

花自体は、かなり減ってきてますね。

 

桜島方面から撮るために天保山渡船乗り場に向かう途中です。

桜の季節は、いい風景になりそうです。

3月の終わりから4月にかけては、何隻か入るようなので、チャンスが有れば撮ってみたいですね。

興味のでた方は、

公益社団法人大阪港振興協会 - クルーズ客船スケジュール

で確認してください。

日曜日の朝の8時ですが、すでにポケモンGOのためにウロウロしている人たちが、出始めてましたね~

今までは、この付近では、ここから以外に右側の使われていない桟橋から海に突き出したタラップから撮っていたのですが、航外客船入港時立ち入り禁止エリアが拡大されてしまって、入れなくなってしまっていましたね。

渡船出発~

渡船の最後尾に乗り込みました。朝日も暖かく気持ちいいですね。

ファンネル(煙突)の形状がレトロでいいですね。

対岸の桜島側から、観覧車と咲洲庁舎(WTCタワー)を一緒に入れることが出来るので、お気に入りの場所です。

夜の夜景も見事ですよ。

(去年撮った別の客船です。このときはより小さな船で、前よりに停泊していたので、海遊館も映すことが出来ました。)

今回のアムステルダムは、明日13日の夜中出港なので、夜景のチャンスが有りますが、私は今回行けそうにないですね。

 

これで撤収しましますが、その前に

ススキの穂も無くなって、寂しくなってます。

桜島駅には、103系のOSAKA POWER LOOPラッピング車が来てましたね。

引退が迫ってきている103系なので、いつまで見ることが出来るんでしょうかね。