読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

少し寒いけど、陽射しは暖かい

サイクリング・ポタリング 街並み 日の出前後

午後からは、マイチャリ1号の調子を見るついでに、海沿いに行ってきました。

でも、目についたのは、ヒヨドリの蜜ウマウマ~

よっぽど美味しいのか、かなり無理な体制です。

結局向き変えて別の花

大正区の船溜まりから、あべのハルカスが見えます。

右側の丘は、貯木場跡地に余計に土を盛って作られた山です。昭和山だそうです。

新千歳橋と千歳の渡船です。

一応、新千歳橋には歩行者用の通路も有るのですが、あまりにも階段が長いので、下にあった渡しが、そのまま残ってます。

大正区から尻無川に有る甚兵衛渡しで港区に移動して、大阪プールや大阪中央体育館の有る八幡屋公園に行くと、河津桜が満開から、散り始めていましたね。

同じピンク色でも、梅よりも柔らかい感じがしましたね。

船溜まり的な三十軒堀川にかかる歩行者用の橋から、大阪版ベタ踏み坂のなみはや大橋を望みました。

この橋も人用の通路が併設されていますが、渡し船はないですね。

左側の大正区側の降り口には、IKEAが有ったりします。また、大阪市バスで、梅田や難波や天王寺から出ている鶴町四丁目行の終点の鶴町四丁目が有ります。

大阪港の赤い橋、港大橋の下は、狭い割に通行量が多いですね。

港大橋南港側は、舞洲、夢洲より古いコンテナ積み下ろし岸壁が有ります。

で、上の撮影をしていたのは、ナナガンです。今日は、アメ車の撮影会が有ったようですね。

お、Vのクレーンがまだ有った、一昨年くらいまでは、別の場所にZのクレーンも有ったのですが、移動してしまったようです。

手前は、なみはや大橋、奥は、新千歳橋です。

港大橋の港区側の橋脚のあたりの緑地には、結構猫がいるのですが、今日は1匹だけでしたね。

橋の赤い鉄骨は、いつも綺麗なんですよね。

近くに桜が咲く公園が有るので、満開の季節には、赤と白のコントラストがいいんですよね。

去年来れなかったので、今年は来てみたいですね。

旧車のギャラリーに再利用された赤レンガ倉庫は、住友のマークが削られてしまって寂しいです。

全体写真も以前撮っていたのですが、どこかに行ってしまった。

白黒処理したものが残ってました。

上の写真の以前の姿です。

で、その場所から、もう少し中央突堤に近いところでは、倉庫ではないのですが、現役で作業用に利用されている赤レンガ倉庫が有ります。

平屋建ての赤レンガ倉庫の屋根は、瓦です。

中央突堤には、今日は昼間だったからか、釣り人はいませんでしたが、目に元気がないハトがじっとしてました。

歩くことはしていましたが、近づいても飛んで逃げることをしなかったので、どうしたんでしょうね。

で、中央突堤から天保山桟橋に海沿いに向かおうとしたら、すごい人の数

まあ、ポケモンGOのために、人が多いだろうとは予想していましたが、ここまでとは思いませんでしたね。

皆が皆、スマホ見ながらゾロソロと歩き回っているのが、少し不気味でした・・・

海沿いからでなく、大通りから天保山渡しに向かいましたが、ここも人がそこそこいましたね~。

人が映らないようにカメラは上向けで、観覧車を撮ってみました。

薄雲に霞む太陽が眩しすぎないけど、観覧車に反射する光が眩しい。

天保山渡しの岸壁に居たスズメ

「今日も人多いな~」なんて思っているのでしょうか?

天保山渡しで此花区に渡って、北港に向かいました。

ルートとしては、此花大橋の長いスロープを昇り降りして舞洲から常吉橋経由で向かう方法でなく、遠くなりますが、アップダウンが略無い北港通で島屋まで戻り、正蓮寺川を渡って、ほぼ同じ距離を戻るコースで北港マリーナに到着

舞洲に有る遊覧ヘリのヘリポートからはひっきりなしに遊覧ヘリコプターが飛んでいます。

波消しブロックに集まったスズメは、あっち行ったりこっち行ったりと忙しそうでした。

快晴でない上に少し霞んでいたので、神戸空港連絡橋と明石海峡大橋の向こうに沈む夕日は、断念しました。

まあ、明石海峡の向こうに雲が見えていなかったので、海に沈む夕日は見れたでしょうが、ダルマ夕日は期待できそうになかったですね。

というわけで、夕日は、阪神淡路大震災時に崩れた堤防をスーパー堤防に作り変えた淀川左岸を少し上流に戻った伝法港の手前から撮影しました。

対岸は、大野川漁港です。

大阪市内の漁港は、この2つしか知りません。

他にあったかな?

もう少し後の日だったら、正面の高圧電線の鉄塔と重なったのでしょうが、神戸ポートアイランドの向こうに沈んだためにガントリークレーンのシルエットが見れたので良しとしましょう。

夕日が、沈む瞬間です。

ガントリークレーンの一つに照明が灯っているので、この後コンテナ船が接岸して、積み下ろし作業をするんでしょうね。

で、撤収しました。

毛馬洗堰までは、ひたすら淀川沿いの道路を走ったので、信号もほとんど無いため、かなり早く帰宅できました。

来週は、少しずれてしまって海峡に沈む夕日が見れないかもしれませんが、舞洲の新夕陽ケ丘から狙ってみたいと思います。

午前中から昼過ぎまでは、万博公園サイクルモードライド2017と万博公園を楽しんでくるので、近場の割には、かなりの距離を移動することになりそうです。