徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

せっかくいい天気なのに・・・

先週の深山第1砲台跡の景色が、私的には衝撃が強すぎたようで、今週の予定を考えられなかった・・

週中、寝不足気味に色々考えたんですが、思いつかなかったんですよね~

で、昨夜も色々考えていたのですが、天気も良さそうな予報だったので、日の出からいつものコースとすることにしました。

日の出前の都島橋から北向け。うん、いい天気です。日の出に期待が出来ます。

今回の日の出は、少しでも高い位置からと思い、新御堂筋の歩道からです。

日の出直前

少し北寄りでしたが、空の雲がいい感じに色づいてましたね。

ムクドリも日の出見ていました。

ムクドリ以外にも、同じ系統で羽根に大きな白い斑点が特徴のハッカチョウがいたのですが、日が出て明るくなると、居なくなってしまい残念でした。

群れでいることの有る明石港に行くしか無いかな~

日の出撮影後、靭公園に移動途中にフェスティバルホール朝日新聞社のビルがきれいでしたね。

靭公園に移動しましたが、春バラもそろそろ終わってきてましたね。

移動中は少し曇っていたのですが、到着したら晴れてきたので、朝の横からの光で色々撮ってみました。

この後は、中之島公園に移動です。

こちらもバラが痛み出しているのが多かったので、バラのアップは無しの方向で・・・

顔つきから、若どりのスズメでしょうか?

どこからか大きなパンを貰ってきたようで、他のスズメから逃げ回っていました。

顔突っ込みすぎたようで、嘴の根本までパンが刺さってます・・・

他の方が、バラのない方にカメラ向けていたので、よく見たら、イソヒヨドリが居ました。

近づく前に逃げられてしまいました。

この後は、淀川左岸に移動しました。

以前、カラスを追っ払っているシーンを見かけましたが、どうやら、毛馬洗堰付近で、一般人が入っていけないところで、ケリが子育てしているようですね。

ホーホケキョではなく、警戒鳴きでした。

こちらは、カラスの若どり?黒目があまり大きくなく、青い目が印象的でしたね。

上空で鳴いているばかりで、なかなか見ることが出来ないのですが、地上をうろついているのが居ました。

淀川左岸ワンドのアイドル

親子連れのカルガモ

お母さんが横にいれば、結構進んでいるのですが、

少し遅れると、止まってしまいますね。

で、追いついて促してます。

やっと、理解したのか、最後尾に行っても進んでいきました。

でも、やっぱり、お母さんの存在が気になるようで、ペースが落ちます・・・

天気いい中、これで一旦帰りました。

昼からも天気良さそうなので、夕方にかけて何処かに出かけようと思います。