徒然なるままに

週末は、大阪を中心に徒歩やサイクリング、ポタリングで、いろんな写真を撮り回っています。

大阪で一番早い日の出の日

夏至の少し前の1週間(6月10日から6月16日)ですが、10日は天気良くなく、平日は仕事のため撮影機会が取れなかったのですが、最終日16日の朝は、なんとか天気も良さそうなので、出かけてみました。

撮影対象は、ブルートレインを始めとした夜行列車全盛期には、頑張って撮り歩いていたんですが、今や、最後の定期運用の寝台特急となってしまったサンライズです。

東京発22時で、大阪には4時26分に運転停車をするのですが、旅客扱いがないので、駅での撮影は不可能(高校生だった1980年頃は、終電後も始発までの間、駅構内にいても見て見ぬふりをして貰えていたんですけどね)なため、4時20分過ぎくらいに淀川を渡るシーンをカメラに頑張ってもらって撮影してみました。

日の出が4時44分となっているので、4時過ぎからかなり明るくなるこの時期にしか撮れない夜行電車です。

これ以外の撮影機会は、夏の多客期には、6時ぐらいに大阪に停車する臨時のサンライズもありますね。今年の予定を見たら、いい感じに休みの朝に重なっているようなので、撮ってみたいです。

では、まず4時過ぎの東の空です。

東の地平線と、南東方向に少し雲があって暗かったのですが、それでも日の出が早い日なので、「なんとかなるかな?」と、思っていたら、やはり同じことを考えている方が結構いるようで、通過の少し前には、数人の方が土手周辺に集まってましたね。

で、いよいよやってきましたサンライズ

橋梁渡り始め(ƒ/6.3 1/100 200mm ISO 10000

全編成が橋梁上(ƒ/6.3 1/100 39mm ISO 20000

渡りきった最後尾(ƒ/6.3 1/100 53mm ISO 25600)

SSが遅いので、ブレ気味だし、ISOも高感度にしているのでノイズがかなり乗っていましたが、現像ソフトでノイズ除去をしています。

明日の朝も晴れそうなら、日の出の時間が1分遅くなりますが、今回の状態からもう少しSSを早くできそうなので、頑張ってみようと思っています。雲ひとつなく晴れた朝になってほしいです。

サンライズ撮影後は、5時過ぎに梅田貨物線を通過して安治川口のコンテナ駅に向かう2つのフレートライナーを撮ってみました。

場所は、JR大阪環状線と合流する少し手前の梅田ランプ西交差点にある踏切です。

普段は、31ftコンテナを多数積んでいるのですが、今日はかなり少なめでしたね。

大阪では、ほとんど見る機会がなくなったDD51は、空荷でしたがレール輸送用の貨車を重連で牽いて安治川口方向から吹田に向かっていきました。

で、国内唯一の貨物電車スーパーレールカーゴ(佐川急便専属)が、安治川口に向かって、ほぼ定刻で通過していきました。

これらも日の出の早いこの時期にしか撮影できません。

 

さて、撮り鉄はこの辺にして、

菖蒲が終わって、梅雨が始まり少ししたら蓮の花の季節が来るのですが、ほぼ毎年、開花の時間に合わせて撮影している旧大阪市長公邸裏の大川沿いにある池です。

案の定、蕾はかなり膨らんできています。

すでにしているのも2輪ほどありましたが、今年は、少し寂しい感じがしますね。

来週あたりには、咲く瞬間が撮れるかな?

下に貼り付けた動画は、去年のこの時期に開花の状態を撮ったものです。

6秒ほどのタイムラプスですが、実際の撮影時間は、5時前から約1時間半です。


20170618lotusflower

タイムラプス用にしていたNEX-6を手放してしまったので、今年はうまく撮ることが出来るかどうかわかりませんが、撮影機会が作れましたら、K-S2かK-5IIsのインターバル撮影を使って頑張ってみます。